電子ビーム溶接は、SUSでも大きな効果があります。

―写真のSUS部品は、電子ビームで片面二周、両面で四周溶接していながら、
真円度0.3を保っています―


中村製作所の非常に特徴的な技術に、電子ビーム溶接を利用した部品加工があります。 もちろんその全てが、当社にしか出来ない加工という訳ではありません。 ですが15年以上にわたり切削加工・熱処理・電子ビーム溶接を一貫して手掛け、培ってきた経験。 その上に成り立った技術は、なかなかのもんです。

さて「電子ビーム溶接って何?」の問いがありましたら、長くなりますので後々の機会に譲ることと勝手にさせていただきまして、本日は写真の物件に関してです。
d0174278_1727693.jpg

電子ビーム溶接は、結果だけ書きますと「細くて深い溶け込みが可能な溶接」です。
Tig溶接はもちろん、レーザー溶接よりも細く深く溶かすことが出来ます。 深い分、強固に溶接できます。 細い分、入熱が少なく済み、歪みを抑えることが出来ます。

当社の電子ビーム溶接は、アルミ部品に対してのものが多いのですが、写真はSUSの部品です。 内周面と外周面にガス穴があり、内部に二系統のガス流路があります。 すでに一皮削られているので見ても分かりませんが、両端面でグルっと4周の溶接がされています。
そして写真のように部分的に切り欠かれた部品を4周も溶接しているのに、真円度0.3までしか変形していません。これが電子ビーム溶接の強みです。 この部品に関して言えば、溶接したままで内外周の後加工は要りません。

こんな部品、「両外周を後加工しろ!」なんて言われたら大変です。 SUSですから、すでに加工されている内外周のガス穴にバリが返ってトンデモナイことに……。 そうならないのは、電子ビーム溶接機を持ち、それに加えて歪みを抑えて溶接する技術を持っているからなのです
d0174278_9583086.png

〒400-0064 山梨県甲府市下飯田1-6-2
http://www.nakamura-ss.co.jp/
[PR]

# by nakamura-ss | 2012-08-21 17:53 | 加工事例・技術情報  

瞬停! 無事でした。

[ひとりごと]
中村SSは8/17からお盆休み明けの稼働をしたのですが、昨日は昼過ぎにゲリラ雷雨に襲われました。
雨よけの庇が一部めくれ、とても屋外に出られないような暴風雨。ちょっと前に納品へ出発した米山さんは大丈夫だろうか? 納品時間に間に合うかどうかの遅い出発になったので、きっとこの暴風雨の中も先を急いでいるに違いありません。
いつも、もう少し余裕をもって出発させてあげたいと思うのですが…。すいません…。

その後、雨も落ち着きを見せてきたところで、恐れていた「瞬停」が発生しました。(鈍感な私は瞬停に気付かず、教えられて知りました。 地震もよく気付きません。) 数年前はその瞬時停電で主軸が落ち、加工中のいくつかの製品が駄目になりました。 お客様には状況説明をして延長可能な物件の確認をお願いし、リカバリーに奔走した記憶が蘇ります。

幸い今回の瞬停による被害はありませんでした。 この時期、雷を気にしながらの加工となり、現場は大変です。

追伸:我が家の屋根の上に張ってある寒冷紗も無事でした(節電目的の日よけで夏だけ取り付けています、DIYです)。 営業 斉藤
[PR]

# by nakamura-ss | 2012-08-18 15:44 | 会社情報  

中村製作所をもっと知ってもらえれば…

[中村SSからのお知らせ]
ようやくブログを書き始めることにしました。
他社さんのホームページなどを見るにつけ、うちもやるべきだよな~と思い……。自社の空欄のブログ欄と滅多に更新されない最新記事欄を見るにつけ、これじゃ何度も見てくれないよな~と思い……。「始めなきゃいつまで経っても始まらないじゃん!」と周りには言うくせに……。
妙にやる気になってくれた大崎君の力を借りて、出来れば当社自慢の女性たちの力も借りて、皆さんに見に来てもらえるブログにしたいと思います。
[PR]

# by nakamura-ss | 2012-08-18 15:42 | 会社情報