螺旋加工

d0174278_9212628.jpgスパイラル溝? スパイラル山 です。

お客様の名称は単純に「ネジ」。 でした。
これは、かなり加工者が嫌がりました。
(結局、あっさりと仕上げましたが・・・)

写真は溝にRがついていますので、ボールエンドミルで加工したものですが、隅部R0.2以下のものも要望があり製作しています。
R0.2以下、つまりボールエンドミルは使えません。

円筒部にエンドミルでアプローチすると、あたるのは底刃の中心部。
エンドミルの中心部は周速が低く、切れ刃も不完全なのできれいに削れません。
これをやれ!と言うと、当社の加工者は、とっても嫌がります。
半導体装置向けのきれいな部品に慣れているからです。

「とにかくやってみて」の依頼に応えてくれたのは、石川さん。
この人、難しいものをたくさん対応しているくせに、すぐに加工したこと自体を忘れます。

今回のスパイラルだって、以前に似たものを作っているのに 「こんなのやったことも無いし、出来やしない」 とにべもない返事。 (「にべもない」・・・若い人には通じない言葉の様です。 語意説明に使われる「とりつく島もない」も漢字で書くと通じません。)

でも、私を含め当社の営業は、現場の「出来ない」を言葉のニュアンスや内容で判断します。

          「本当に出来ないのか?」 or 「実は出来るのか?」

                                                              (13/05/02 斉藤)
d0174278_9583086.png

〒400-0064 山梨県甲府市下飯田1-6-2
http://www.nakamura-ss.co.jp/
[PR]

by nakamura-ss | 2013-05-02 19:20 | 加工事例・技術情報  

<< すごい風対策 押してダメなら引いてみろ! >>